人気のビジネスパーソン向け経営書

平均相場 :  2,700円 クチコミ総合 : 5.0

ビジネスパーソン向け経営書の人気ランキング

18件中 1位~ 15位 表示

現在06月08日~12月05日の16,007,237件のアクセスデータから作成しております。※ランキングは随時更新。

  経営者の役割

経営者の役割

組織を学問として捉えた古典的名著

  1. 1.経営者の方、組織学・経営学について学びたい方、経営学の古典を読破したい方にオススメです。
    2.アメリカの電話会社社長在任中に「経営者の役割」を著し、経営学者としてその名を世界に知らしめたチェスター・バーナード氏。組織をシステムとして捉え、組織論を展開しています。
    3.本著には経営者の役割が具体的に書かれているわけではなく、内容は抽象的かつ難解と言われています。基本的な組織論に関する本を読み、基礎知識をつけてから読むことをお勧めします。
  • 平均相場:2,900円
  • クチコミ総合 : 5.0

経営者の役割の人気ランキング

  コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント

コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント

マーケティングを網羅する大作

  1. 1.マーケティングについて学びたい方、体系的に知識を得たい方にオススメです。
    2.世界的な経営学者で、現代マーケティングの第一人者と言われているフィリップ・コトラー氏。営業事業のフィールドだけでなく非営利事業や政治活動など、多分野に渡るマーケティング研究を行っているコトラー氏とブランド論の第一人者の一人として知られる、ケビン・レーン・ケラー氏が共著したのが本作です。
    3.分かりやすく紹介されている事例と実際のケースから、マーケティングの原理や戦略、実践方法を学ぶことができます。
  • 平均相場:6,400円
  • クチコミ総合 : 5.0

コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメントの人気ランキング

  マネジメント

マネジメント

マネジメント能力を伸ばすドラッカー思考

  1. 1.世界的な経営学者、ドラッカーの思考を分かりやすい文章で理解したい方、マネジメントに応用したい方にオススメの一冊です。
    2.オーストリア生まれの世界的な経営学者、ピーター・ドラッカー。「マネジメントの神様」と称される彼には数多くの著書がありますが、本作ではその理論と思考を一冊にまとめ、図や文章で分かりやすく解説しています。
    3.ドラッカー初心者の方、またこれまでドラッカーの著書を読んだ方が、その思考を復習・整理するためにもおすすめです。
  • 平均相場:2,000円
  • クチコミ総合 : 5.0

マネジメントの人気ランキング

4位 戦略的思考とは何か

戦略的思考とは何か

国家戦略の意識を高めてくれるベストセラー

  1. 1.日本の安全保障について学びたい方、国際関係について学びたい全ての方にオススメです。
    2.外交官として各国の大使館で勤め上げた後に、外交評論家として活躍した岡崎久彦氏。米ソ冷戦時代に書かれた本作は、各国の歴史的背景をベースに、当時日本を取り巻いていた国際情勢について冷静な分析を基に著されています。
    3.「日本の国家と国民の安全と繁栄」を第一に、日本は日米安保条約を基軸とした国際関係を結ぶべきだ、と主張した岡崎氏。その本質は、日本が取るべき国家戦略論を見極める力が必要だ、という点にあります。戦略的思考を鍛える一冊です。
  • 平均相場:2,100円
  • クチコミ総合 : 5.0

戦略的思考とは何かの人気ランキング

5位 経営戦略の論理

経営戦略の論理

ケースから如何に学び理論を構築するのか

  1. 1.経営学について学ぶ方、マーケティングや戦略、ケーススタディについて学ぶ方全ての人にオススメの一冊です。
    2.愛知県生まれの経営学者、伊丹敬之氏が編集を担当した本著は、AKB48、ダイキン工業、トヨタ自動車、アップルなどを始めとする様々な経営現場の15事例が集められています。これらの事例を読むにあたり、如何にして分析
    考察を行い、その事例から何を学ぶのか。ケースから論理を学ぶ具体的な手法と、自らが考える論理の重要さについて述べられています。
    3.姉妹版で、理論について記されている「経営戦略の論理」と併せて読むことをオススメします。
  • 平均相場:2,300円
  • クチコミ総合 : 5.0

経営戦略の論理の人気ランキング

6位 マネジャーの仕事

マネジャーの仕事

営業マネジャーとしての能力を高めたい方に

  1. 1.営業部門の管理職の方、営業職で部下や後輩への指導をする方にオススメの一冊です。
    2.25年間営業・営業管理職の営業畑を経験し、「伝説の営業マン」と称されたこともある、長田周三氏が執筆した本著。営業マネジャーのなすべき役割、部下との接し方、豊富な実践的アドバイスがまとめられています。
    3.何もしなくても売れる時代ではない現代、営業担当に求められる能力は大きくなっていると言われています。これまでは、社内で暗黙知として伝えられてきたマネジャーの指導ノウハウが、体系的に学べる本となっています。
  • 平均相場:1,600円
  • クチコミ総合 : 5.0

マネジャーの仕事の人気ランキング

7位 人を動かす

人を動かす

ビジネスパーソン必読の一冊「人を動かす」

  1. 1.コミュニケーション能力を高めたい、全ての人にオススメの一冊です。
    2.世界的ロングセラーである自己啓発本、デールカーネギー著「人を動かす」。人とのコミュニケーションを円滑に進めるためのスキルが記されています。人と接する時の基本的な原則から、相手の気分を害することなく自分の考えを伝え、その人の思考や行動を変える術が学べます。
    3.部下や顧客とのコミュニケーションに悩む社会人、家族や友人との人間関係に悩む人々など、あらゆる場面での人とのコミュニケーション術を学べる一冊となっています。
  • 平均相場:1,500円
  • クチコミ総合 : 5.0

人を動かすの人気ランキング

8位 戦略サファリ

戦略サファリ

戦略論を体系的に理解したい方に

  1. 1.経営における戦略論を学問として学びたい、経営戦略全体を俯瞰している専門書を求めている方にオススメです。
    2.経営学の権威であるヘンリー・ミンツバーグ氏他、経営学者であるブルース・アルストランド氏、ジョセフ・ランペル氏によって共著された本作。経営戦略に関する各研究をグループに分け、整理・解説を行っており、その成り立ちの背景から各諸説を掘り下げていくできます。
    3.戦略論の全体を俯瞰しつつ、各説の成り立ちにも言及されており、客観的に経営戦略を学びたい方必読の一冊です。
  • 平均相場:4,500円
  • クチコミ総合 : 5.0

戦略サファリの人気ランキング

9位 競争の戦略

競争の戦略

経営学を学ぶ方の必読書

  1. 1.大学やMBAなど経営学を学ぶ全ての方、マーケティングを学ぶ方にオススメです。
    2.アメリカを中心に、世界各国の政府、企業の戦略アドバイザーとして活躍し、多くの競争戦略手法を提唱した経営学者、マイケル・ポーター氏。本作「競争の戦略」では、経営戦略を考える時に必要な、経済学の枠組みの中での分析、考察過程が一つひとつ緻密に説明されています。
    3.古典と呼ばれている本著ですが、読み進めていくと「競争原理の本質は今でも変わらない」と気付かせてくれる一冊となっています。
  • 平均相場:2,200円
  • クチコミ総合 : 5.0

競争の戦略の人気ランキング

10位 組織は戦略に従う

組織は戦略に従う

経営史学の世界的権威による名著

  1. 1.アメリカの経営史、歴史を学びたい全ての方にオススメです。
    2.世界的な経営学者で、「組織は戦略に従う」という名言を残したアルフレッド・チャンドラー氏。1962年に刊行された原著を、新訳し復刊したのが本作です。本著の中でチャンドラー氏は当時の米国大企業、デュポン、GM、スタンダード石油、シアーズローバックの4社について、資料や歴史的背景を基に、効率的経営への変遷と組織形成の過程を明かしています。
    3.これらのケースに共通するロジックを抜き出し、理論的に分析している一冊です。
  • 平均相場:5,400円
  • クチコミ総合 : 5.0

組織は戦略に従うの人気ランキング

11位 稲盛和夫の実学

稲盛和夫の実学

経営学と会計学の結びつきを学べる一冊

  1. 1.経営者の方はもちろん、経理業務を担当する全ての方にオススメです。
    2.京セラ、第二電電(現在のKDDI)を創業し、現在では日本航空の名誉会長、ワシントン・カーネギー協会名誉理事を務めるなど、ビジネスパーソンとして広範な活躍をしている稲盛和夫氏。経営者のカリスマである稲盛氏の会計に関する独自の哲学と考えをまとめた一冊です。
    3.経営の基礎作りに欠かすことができない、会計の健全化。経営と会計は別物と考えている方も多いが、稲盛氏はこの二つを結び付けて本著の中で明快に説明しています。
  • 平均相場:900円
  • クチコミ総合 : 5.0

稲盛和夫の実学の人気ランキング

12位 現代の経営

現代の経営

マネジメントの父が教える経営学

  1. 1.経営やマネジメントについて学びたい、全ての人にオススメです。
    2.現代経営学、マネジメントの父と呼ばれている世界的な経営学者、ピーター・ドラッカー氏。1954年に出版されたこの「現代の経営」には、初版からすでに50年以上が経っているとは思えないほど、現在の経営にもあてはまる名言や記述が溢れています。
    3.変化する時代の中でも、経営の基本と押さえるべき重要なポイントは変わらない、という事を気づかせてくれる本作。「経営学の最高の古典」と呼ばれる一冊です。
  • 平均相場:2,400円
  • クチコミ総合 : 5.0

現代の経営の人気ランキング

13位 失敗の本質

失敗の本質

日本軍の失敗から分析する「組織的失敗の本質」とは

  1. 1.組織分析の名著をお探しの方、組織のあり方について考える経営者の方にオススメの一冊です。
    2.本作では、日本軍とソ連軍の国境紛争である「ノモンハン事件」、第二次世界大戦中の「ミッドウェー作戦」、「沖縄戦」などにおける日本軍の戦い方、敗け方を基に、その失敗の共通点や戦略上の失敗要因を分析し、現代の組織との関連性、教訓を考察しています。
    3.成功例ではなく失敗例を取り上げる事により、その日本的組織の構造的欠陥や特性をあぶり出し、現代の企業をはじめとする組織へのメッセージが籠められています。
  • 平均相場:1,800円
  • クチコミ総合 : 5.0

失敗の本質の人気ランキング

14位 知識創造企業

知識創造企業

日本企業の成功の秘密を解き明かす

  1. 1.日本企業、特に製造業においての、世界的成功の理由を体系的に理解したい方にオススメの一冊です。
    2.海外の企業とは組織体系が異なり、自由度・効率度は劣ると言われている日本企業。にもかかわらず、その成功によって経済大国として確立し、最近では「日本ブランド」とブランド力が評価されている理由はなんなのか。本作では、経営学者である野中郁次郎氏と竹内広高氏によってその理由が「知識」という観点から分析、考察されています。
    3.なぜこれまで日本企業は多くのイノベーションを起こすことができたのか。日本企業が成功した理由の1つ、「組織的知識創造」「暗黙知」とは何か。日本的経営の特徴・長所を改めて理解することができる一冊です。
  • 平均相場:2,200円
  • クチコミ総合 : 5.0

知識創造企業の人気ランキング

15位 ビジョナリー・カンパニー

ビジョナリー・カンパニー

時代を超えて生き残る優良企業の経営について検証!

  1. 1.企業の経営者におすすめの不朽の名著。
    2.ビジョナリーカンパニーとは先験的なビジョンを持つ未来志向の企業。本書は世界を代表する18の大企業の設立以来、現在に至るまでの歴史を調査し他社と比較検討した6年間のレポート。時代を超えて際立つ存在であり続ける企業の決断の歴史を知ることができます。経営指南書というよりは卓越した会社の基本理念や戦術などについて理解し、自己の経営に生かすための参考書というべき書籍。誰もが知る大企業の資料やエピソードが盛り込まれているので関心が持てるでしょう。
    3.本書の続編として出版された「飛躍の法則」「衰退の五段階」「自分の意志で偉大になる」も合わせて読みたいところ。
  • 平均相場:2,500円
  • クチコミ総合 : 5.0

ビジョナリー・カンパニーの人気ランキング

提携サイト

  • amazon.com.jp
  • 楽R天ICHIBA
  • YAHOO! JAPANショッピング

ビジネスパーソン向け経営書のプレゼントなら、ベストプレゼントへ!

現在の絞り込み状況

本・漫画・コミック

ビジネスパーソン向け経営書

人気ランキング

ビジネスパーソン向け経営書の人気ランキングは現在06月08日~12月05日の16,007,237件のアクセスデータから作成しております。※ランキングは随時更新。

あげたい人で絞り込む

ページ上部へ